共有持分がある不動産は相続も複雑

共有持分の相続はかなり複雑になってしまいます

具体例をあげると父親が亡くなってその財産に叔父との共有持分になっている実家がある、妹と父の名義の分をどうするのか相談しているなどのように、相続で悩んでいるケースが非常に多いものです。
亡くなった人の財産であったとしても、相続人以外の人と共有持分になっている場合には勝手に相続しても良いのかと迷うことでしょう。
共有持分がある不動産は、このように相続もかなり複雑なものになってしまいます。
不動産を相続する手続きに関しては、たとえよりも自分であったとしても、単独持分の不動産相続される際と何ら変わりはありません。
不動産登記を行う場合に発生する登録免許税は、共有持分で計算を行うことになります。
共有持分の不動産は維持する過程において、単独所有でも行動に制限がかかってしまうため、これらを理解した上で慎重に相続の判断をすることが求められます。
やむを得ない状況にない限り1人の相続人が引き継ぐ方が賢明です。

共有持分は1人で相続した方が安心です


不動産を複数で所有するという不動産の場合には、共有持分となって、一人ひとりの不動産に対する権利が完全とは言えない状態になってしまいます。
共有不動産は共有持分の割合に応じた権利を持っていることであり、持ち分が多ければ多いほど、その分権利も強いと言うことです。
もしも2分の1ずつの共有持分の場合には、権利関係は平等であることがわかるでしょう。
しかし共有持分である2分の1をさらに2人で相続するとなると、4分の1ずつで分けることになります。
このように共有持分を細分化する事は、権利関係が必ず複雑化してしまうため勧められるものではありません。
できる限り1人の相続人が引き継いだ上で、これ以上権利関係が複雑にならないようにすることが求められます。

共有持分はデメリットの方が強い可能性が高く、最大のメリットは相続における公平性です。
持ち分を同じにすることで不動産に係る税金なども半分に負担することができます。

まとめ

共有不動産の共有持分は、そのまま何も考えずに相続してしまった場合には親から子へ、またその代へと引き継がれ、場合によってはどんどん権利者が増えていくことにもなります。
いざ売却しよう、賃貸に出したいとなった場合に、万が一この状況が間何十年にものぼる場合には、これらの全てに同意を得た上で手続きを行わなければならないのです。
このようなことから共有持分のある不動産を相続が複雑になってしまうため、できるだけ早く処分を検討する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。